スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あけましておめでとうございます

リーグ戦を好調のうちに終わり、天皇杯こそは!と思った2006年。
国立で再び涙し、気が付けば年が明け、深井、羽田、山本と相次いで移籍。黒崎コーチまで新潟へ行き、石川もレンタル。金古に至ってはフロントから存在を忘れられてるんじゃないかと心配になるくらいの放置ぶり(福岡でレンタル延長)。
このブログも2ヶ月くらい放置してたから人のことは言えません。

外国人も総入れ替え、噂されてたファボン、ダニーロ、マルキーニョスをみんな取り、新人も石神は左サイド、船山はFWか2列目とそれぞれ即戦力として期待され、高校生では遠藤はトップ下として期待され、當間はCB、右サイドと出来るらしい逸材とか。みんな期待通りだとかなり良い線行くんじゃないかと思わせる補強。
あとは、スイスのあの人を獲るとは言ってるけど、個人的な感情としては帰ってきて欲しくない。でも、明らかにボランチに関しては駒不足。青木、中後、増田だけでは不安だ。

今年の補強は左足の選手、各ポジション軸となる選手と考えると今回の補強は及第点なのかもしれないけど、成績に関してはやってみないとわからないから怖いところです。新しい監督もあんまり良い評判聞かないし・・・。

しかし、今一番気になってることは、今年の節分祭は誰が豆まきに来るか!!!と言うことだったりします。年男は首藤だけだよね?


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。